3rd Down 10 ~なかなか予定通りに進まない日々~

20代後半、うお座、次男のBlog。

アメフトの話「スイープ」(アイシールド21)

こんばんわ。前回に引き続き、

「アイシールド21」というジャンプ漫画に登場する

アメリカンフットボールのプレイについて、解説してみます。

 

本日紹介するプレイはコチラです。

「スイープ」f:id:yamaakagaeru:20180124015502p:plain

 作中では、VSNASAエイリアンズ戦で初めて登場したプレイです。

アメリカンフットボールのランプレイでは基本プレイで、フィールドの外側を狙うプレイのことを「オープンプレイ」といいますが、その初歩中の初歩プレイだと思います。そのため、日本のアメフト界でも中学・高校レベルの試合の方がよく見かけます。

プレイの特徴としては、とにかくフィールドの外側を狙って走り抜けるプレイなので、ディフェンスの先回りをしてブロックできるのか、キャリアが大外を走り抜けることができるのかが成否の鍵を握ります。

ゆえに、外側をディフェンスに守られてしまうとプレイが失敗になる可能性が高く、ディフェンスの配置やサインの影響をまともに受けてしまうプレイです。また、後述しますが、このプレイはオフェンスラインのブロックが難しく、オフェンスラインは「一対一の勝負に勝つこと」が求められます。

実際、アイシールド21では、VS太陽スフィンクス戦での黒木・戸叶の汚名返上をすべく、オフェンスラインの勝負所として、このプレイが描写されています。 

(ちなみにこの試合、背番号はライン番号ですが、戸叶のポジションはタイトエンドです。)

 

f:id:yamaakagaeru:20180124020231p:plain

 

ここからはプレイの解説します。

各選手の動きをヒル魔の手持ちカード風に書くと下図になります。

f:id:yamaakagaeru:20180124021817j:plain

まず、走るコースですが、QB(1番)からトスを受けて、21番がフィールドの外側を目指しつつ、ディフェンスの大外を走り抜けるイメージで進みます。

オフェンスラインの選手達はディフェンスをとにかく外側に行かせないように先回りをしてブロックします。また、30番は21番の盾となって、ディフェンスをブロックします。

52番や55番が相手ディフェンスのラインバッカーをブロックする為、大きくプレイサイドに移動する動きが特徴的です。

このプレイにおけるオフェンスラインのブロックですが、52番・53番のブロックが特に難易度が高いです。下図のように各オフェンスライン(52番・53番)と、ブロックする責任の相手ディフェンスをわかりやすく色塗りしました。

f:id:yamaakagaeru:20180124022903j:plainブロックが難しい理由は主に3点です。

・一対一でブロックする必要があること。

・かつ、ディフェンスの外側に回り込まないといけないこと。

・セット時点のポジションでオフェンス側の方が不利であること。

具体的には、52番の場合だと、オフェンスラインよりも足が速いプレイヤーの多いラインバッカーに先回りしてブロックすることが単純に難しいです。53番の場合だと、自分よりも外側にセットしているディフェンスラインを外側に回り込んでブロックすることが難しいです。(相手選手とポテンシャルで負けているなら、なおさら難しい。)

尚、アイシールド21の作中では、52番の黒木、53番の戸叶ともにナイスブロックし、見事に名誉挽回を果たしました。

 

以上、この解説がアイシールド21とアメリカンフットボールを更に楽しむきっかけになれば幸いです。今日はもう寝ます。。

アメフトの話「パワーオフタックル」(アイシールド21)

 

久々に記事を書きます。

2017年は三日坊主に終わりましたが、

2018年は継続していきたいと思います。

 

さて、新年一発目ですが、

やはり得意分野のほうが記事を書きやすいと思ったので、

「アイシールド21」というジャンプ漫画に登場する

アメリカンフットボールのプレイについて、解説してみます。

 

 

この漫画は「アメリカンフットボール」を題材にした王道スポーツ漫画です。

作中では、ヒル魔という司令塔の役割を持つキャラクターが新しい作戦(プレイ)を

主人公らに紹介することで試合中の様々な状況を打開します。

漫画の描写だと、それらの作戦(プレイ)は基本的に名前だけで、作戦自体は、あっさりとした説明ですが、あと一歩だけ踏み込んだ解説をすることで、アイシールド21とアメリカンフットボールを更に楽しむきっかけになればと思います。

 

本日紹介するプレイはコチラです。

「パワーオフタックル」

f:id:yamaakagaeru:20180121205518p:plain

作中では、VS夕陽ガッツ戦で初めて紹介されたプレイです。

アメリカンフットボールのランプレイでは王道の一つで、日本のアメフト界でも高校~社会人の試合まで、ちらほらとよく見かけます。

プレイの特徴としては、タイトエンドとフルバック付きの体型で使用されることが多く、ディフェンスの配置やサインの影響を受けづらいプレイなので、ギャンブル性が低く、比較的安定して使用できるプレイだと思います。ゆえに、チーム力に差のある試合だと、このプレイをベースにした作戦構成だけでも十分に勝てると思います。一方で優秀なタイトエンドとフルバックの選手がいないと成り立たないプレイですので選手層が薄いチームだとプレイ自体の威力も弱いです。

 実際、アイシールド21ではタイトエンドの瀧夏彦がチーム加入後の初スタメン試合にて、このプレイを使用しています。新戦力が加わったことにより、泥門のプレイ幅が増え、試合で使えるようになったのでしょう。

(夕陽ガッツのキャプテンがベンチで地味に解説しています。)

※下図でいうとタイトエンドが88番、フルバックが30番です。

f:id:yamaakagaeru:20180121212002p:plain

 

ここからはプレイの解説します。

各選手の動きをヒル魔の手持ちカード風に書くと下図になります。

f:id:yamaakagaeru:20180121223907j:plain

 まず、走るコースは基本的に78番と88番の間です。(21番が走る。)

このコースを狙って走るプレイのことを「オフタックル」といいます。

オフェンスの選手達は走るコースを作り出す為、このプレイの場合、75番と78番と88番が協力して「壁」を作ることを意識します。

具体的には下図のようなイメージです。

75番と78番と88番がディフェンスをブロックし出来上がった壁(大きな斜線部)と30番がブロックし出来た壁(小さな斜線部)の間を21番が走るイメージです。

f:id:yamaakagaeru:20180121225402j:plain

また、逆サイドから50番がプレイサイドに移動することで21番の前を走り、更なるブロッカーの役割を果たします。この「プルブロック」と呼ばれる動きによって、プレイサイド側に人数を増やしてオフェンスを有利にすることも「パワーオフタックル」の大きな特徴です。

アイシールド21に登場していない「パワーオフタックル」をベースにした派生プレイの話や「どのようにディフェンスの配置やサインの影響を受けづらいプレイなのか」、「タイトエンド付き体型で多く使用される理由」など、まだまだ詳細の解説部分は残っておりますが、キリがないので、またの機会にしましょう。

 

以上、今年は継続して記事を書こう。

漫画の紹介 「prism」

こんばんは。

2017年度も宜しくお願い致します。

 

自宅の本棚にある漫画のご紹介をします。

自宅周辺の古本屋で偶然に出会ったこともあり、印象深い作品です。

 

東山翔「prism」

f:id:yamaakagaeru:20170409231022j:plain

 

内容としては・・・・

高校の入学式で再開した美少女の正体は初恋の相手だったーー。という感じで

「ガール・ミーツ・ガール」の作品です。

 

以下、好きなところ。

1)絵柄が好み

私は漫画については、『絵 > 内容』と考えている部分があるので、

何度も読みたくなる作品は自分好みの絵柄であることが多い。

特に、この作品の絵柄は好きだと思う。

キャラクターも好きだが、全体的にすっきりと整った世界観で作品が作られており、非常に読みやすい。

背景が白く、キャラクターの描写のみで話が進むコマが多くあり、

作品全体の雰囲気として、志村貴子の作品を感じさせる。

 

f:id:yamaakagaeru:20170409233124j:plain

2)ギャグとテンポ感が◎

 ギャグに合わせて絵柄が変わったり、

話の中にテンポよく組み込まれたギャクがフツーに面白いと思う。

あとは、話がテンポ良く進むのでストレスがない。

むしろ、ゆっくりと描いてほしいくらい。

極力、会話を減らして、

作者が絵や描写のみで読者に伝えようとする感じが良いと思う。

 

3)読後感が素晴らしい

日常系の漫画なので基本的に平和です。

話ごとのラストシーンが非常にうまくまとまっているので読後感は◎です。

漫画は読み終わった後に幸福な気持ちになって、ナンボのものでしょう。

 

以上

 

明日から1週間、仕事頑張ろうー!